Akiko.M

自然と一体となる感覚からその存在が消えてしまいそうな、また、存在が消えてしまいそうだからこそ実感できる『存在』を微かにとどめておきたい。

展示作品の詳細はありません。